PCB無害化処理事業  社会に貢献する企業を目指して。

サービス紹介

PCB無害化処理事業

当社は、九州電力鰍ェ所有する低濃度PCB汚染廃電気機器等の無害化処理事業を行っています。

使用する技術

オンサイト式加熱強制循環洗浄法(平成25年10月環境省が技術評価)
大型変圧器等のPCB無害化処理方法として、電力中央研究所、電気事業連合会、電力各社が共同開発した技術です。
当社は、電力中央研究所と特許使用及びノウハウ使用に関する契約を平成28年8月に締結。
本洗浄法を用いるもので、環境省から「低濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物の無害化処理に係る大臣認定」を取得しました。

*廃掃法第15条の4の4に基づく大臣認定
 ・平成29年07月11日 認定番号:平成29年第6号

洗浄処理の概要

PCBを含む絶縁油を抜いた低濃度PCB汚染廃電気機器等に洗浄油を注入し、加熱洗浄装置により洗浄油を加熱しながら強制的に循環させます。洗浄油の強制循環により機器内部材に染み込み、付着したPCBを抽出させることで無害化を行います。
低濃度PCB汚染廃電気機器を部材別に解体せずに、形状を有したまま洗浄処理を行います。
洗浄装置は移動式であり、汚染機器を保管している現地で洗浄処理を行います。

当社の事業範囲

導入実績

当社の無害化処理実績等

お問い合わせ先

PCB処理についてお困りの場合は、ご相談ください。

資源リサイクル部

〒810-0004
福岡市中央区渡辺通二丁目1番82号 電気ビル北館

092-761-4463

営業時間 平日8:40 - 17:30
土日・祝日・年末年始(12/29-1/3)休み